アプリをインストール

どっこい!!キンキはーと

光ちゃん 大好き!剛くん かわいい!! 仲良しな 二人が 大好きです! パス記事は ヒントを読んで ブログ主旨をご理解のうえ お入りください。

2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

恋は匂へと・・・・水も滴り色香立つ。

ひ====

美しすぎるPV 観たー!!!


ごっつ 男前できれいで 華麗!!
ブーツなおみ足が繰り広る水面上のステップやらターンで 水ぱっしゃあ~~!!ぱっしゃ~~~!!!

桜やら夕日やら緑やら
大人なキンキのビジュアルを これでもか!!えいこれでもか!!どこまでもか!!と
演出していく世界に見とれるばかりですたい!!!


どんな風に撮ったんだ~~

18歳のジェロマビーチも水ぱっしゃ~~!!だったが
今回は もはや大人の水遊び場と化したにちがいない!!!











PV撮影裏話 待ってます

いやもー 勝手にしときます。




うににゃあさんMinさんy.sさん コメントありがとうございました
じゅん!と染み渡りました!!
スポンサーサイト

| KinKi Kids | 14:06 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おうちKinKi Kids待機中♪



本日堂本兄弟収録日♪

大好きなKinKi Kidsが 二人一緒の日♪ 新曲のプロモーションもそろそろ動きだしてるー♪

お!?
なーにーをーーー!!!??

オリスタは おうちキンキなグラビアらしいやんけー!!

ぐふふ♪繰り広げちゃいなーー

と 私の脳内皆様の脳内 がんばれー!!な感じですなあ、でへ♪


昨日
梅芸千秋楽カテコレポを 書いてアップしました
今更ながらと思いながら
やっぱり自分の中で文字にして残すことで
感動の再確認をしたくて…
何より えらそーですが 自分の中で 梅芸のSHOCKから抜け出せなくて引きずりあげるためにも 書きました…

いやー
よく通いました
もう梅田でコウイチに会えることが夢のようで
いい大人やのに いい大人なりの決意で
チケット申込みこみまくった…締め切りの朝にまで迷ったけどね

そしてもちろん友達の協力もたくさんもらったわあ

わたしはブログやツィッターは 色んな方が目にするので
見た方が 嫌な気持ちになる記事は 書きたくないし
私のKinKi Kidsが 大好きな気持ちを ちょいキモいけど(笑) 書いてたつもりなのですが

今回の私の複数回の梅芸観劇で

嫌な感情を抱いた方がいて
コメントが非公開でありました


正直
こういう風に感じさせるブログを書いてたことを
後悔したけど…

一息二息深呼吸


えと…
わたしお金はありません
このためにがんばったんです

えと…
自分ももちろん数回観劇したけど
何人の方にお譲りしてます

調子ぶっこいてる性格は 治らないので ごめんなさい!!


日々
たくさん色んなことあるから
KinKi Kidsがすべてじゃないのは当たり前

ステキな彼らに寄り添い
ステキなハーモニーに 心の琴線震わせてもらって

今日もがんばれー!!
がんばるー!!




| KinKi Kids | 08:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013SHOCK梅芸千秋楽カーテンコール今更ながらだけどレポ③

光ちゃん「毎年思うんですけど・・・そのとき生まれたステージの中の・・」とまじめに語ろうとしてるが
ステージ下手側がわさわさして 客席ひそひそ笑い(何があったか忘れた。なんだっけ??)

光ちゃん「何がおもろいんですか~~?
なんか君たちはモノが動くだけでおもしろいんですかあ~??」
客席笑♪

光ちゃん再びきりっと「そのときのカンパニーって そのときの瞬間しか生まれないんですよ。
勿論 裏でもみんな仲良くやってて楽しい空間なんですけど
開演した瞬間あのSHOCKのカンパニーが生まれるんですよ。
どう伝えて良いかわかんないですけど不思議な感覚というか素敵な感覚というか。

で幕が降りるとともに終わるわけでしょ?寂しい・・しょうがないんですよね・・・。」

「今年も素晴らしいカンパニーで 多くのスタッフの支えと 
そして何よりお客様・・すごく暖かい拍手を大阪のお客様送ってくださったのでね。
正直楽なステージじゃありません。
ハードだからこそ年齢を感じやすい方もいます(笑)ごめん言い方が悪かった」

「ま すごい長いことやれてることがうれしかった
たくさんの皆さんがSHOCKが好きっていってくださることがうれしい。
たくさんの方に関わっていただけてうれしいです。
これからどれだけできるかわからないけどまた機会がありましたらよろしくお願いします。
そしてまた大阪でSHOCKができるよう、どうかみなさん応援のほうをお願いいたします。」

「ワタシの一言で幕がおりてしまいますけどね・・」

客席「ええええ===!」


光ちゃん「あばよ!」

一瞬これで終わり!!かと(笑)

ふぉーゆー達「あぶねーー=あぶねーー!!」


「オーケストラの人びくーーーん!!ってした(笑)」
(最後のグランドフィナーレ演奏するタイミング)

光ちゃん「なーーんでやろ!東京やったらオレこんな風にふざけへんのに・・」

「この大阪の空気がね・・」
とウチ君を指すが
ウチ君は隣の直さんのせいだと 直さんを指す!

ふぉーゆー慌ててフォロー(笑)「ちがうやろ!!」「大阪住んでらっしゃたけどね」


光ちゃん「今この瞬間でカンパニーが解散となりますけど
またみんなと一緒に出来ることを楽しみにしておりますし
お客様とお会いできることを楽しみにしております。
またSHOCKという場所でお会いしましょう!ほんとうにありがとうございました!!」

言い切って
グランドフィナーレ演奏がオーケストラから神々しく流れ
緞帳が降りました・・・。



そして鳴り止まない拍手に 

光ちゃん再び緞帳表に出てく!!



光ちゃん「すべてを話しました。 すべてをさっきの公演にぶつけたつもりなんですけど。
自分自身としては 自分のやってる作品に対して感じることはないのですが
今回のSHOCKはトラビスの力もあってか 
手応えのある公演になったなと・・。
もちろんそれがお客様に届いていればいいなと。」

客席拍手拍手拍手
「色々とやってくださいっておっしゃってくださってるけど
自分がどれだけできるかわかりません。
正直ほんまにきついなーと思うときもある。」

客席「がんばってえ~~」

光ちゃん「友達じゃないんで話しかけないでください」

出た!はい毎度!!(SHOCKだけど(笑))

光ちゃん「うそです。ありがたいです。がんばります。

でもさっき言ったように後半は・・・」

って話しかけたとこに
「こうちゃあああ~~~ん!!!」と雄叫びが!!!
 いえーーーーいい!!!
ふぉーゆーやまりょ岸くんアンナちゃんウチくんとかが
ワイン形のクラッカーとかなんじゃかんじゃパーティーグッズを身につけ引っさげ上手からどどどどど====!!と登場!!!

ぱーーんぽーーんと クラッカーちらしまくり 大騒ぎして!!
光ちゃんに持たせてひっかけて揉みくちゃにして・・・・。

一瞬ではけていく!!!
残された光ちゃんの両手にはでっかいクラッカー類が3本(笑)



光ちゃん「・・・・ほんとにいとおしいカンパニーだわ。
ここまでバカなヤツいないって程バカなんだけど・・。
楽しいしし、やることやるし。ほんといとおしい・・。何を言っても説得力ないか(笑)」

「さっきも言ったけど 後半ほんとに調子よくって まだ自分としては やりたりない!」

「、かといってまたあるかわかりませんけど
今まで13年間、来年もあるって確信持ってステージに立ってはないので。

お客さんに届いたからこそ また自分も出来るんだと 1年2年3年・・13年間やってきたんですけど
今回も皆さんに届けられていれば、また来年もできるんだろうと。」

拍手しまくる会場!!


なのに光ちゃ「飲んできます!!!!」


えええええ~~~(笑)

「こうちゃ~~ん!!」客席からまたまた声かかる

光ちゃん「いや なんでかしらんけど大阪のこの空気。
帝劇だこんなこと絶対いわないんだけど。(笑)
この素敵な空間も見収めになるんですけど。
帝劇とは違う光景ですごい素敵なんですよ、ここから見える客席って。
まあ貴方たちにはわからないでしょうけど」

客席 どS発言受けまくっても 笑笑==!!!!

「そりゃそーやんなーー!ステージに立てる者の特権なんです!」

拍手ひゅーひゅ~~!!

「でも逆を言えばオレはSHOCKをナマで見ることは一生できない!」

「なんとかしてみれねーもんかなーとワタシはいつもそう思います(笑)」


「話は長くなってしまいますんが何度も何度も重ね重ねになってしまいますが・・・。
またお会いできるよう皆さんの応援をよろしくおねがいします。

いろんな部分で稽古を重ねて、さらに成長した自分自身を見せれる日を思っておりますんで
又お会いできる日を楽しみにしております!」



拍手拍手拍手・・・・・。



光ちゃん しずかにはけていったよ。

光ちゃん ほんとに大阪で SHOCKあったんだよね
夢じゃないよね

ああ ほんとに終わってしまったやん・・・。



大千秋楽に乾杯~~~~!!!!!!!!



幸せな一ヶ月を ありがとう。





終わったよ~~
梅田芸術劇場 夢の公演千秋楽!!!



| SHOCK行ったよ | 16:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013SHOCK梅芸千秋楽カーテンコール今更ながらだけどレポ②

真ん中に来ちゃいなよ!!と促され岸くんセンターへ♪

光ちゃん「そして ドミニクもハッピーバースデイ!」

なんとUSJさんもお誕生日で拍手拍手!

光ちゃんのことが大好きな岸くん
大阪に持ってきたDVDが全部キンキと光一君だったことをフォーユーが話す。

そして下手からケーキ登場とともに
ハッピーバースデイの歌♪が流れてみんなで合唱!

ハッピーバースデイディアゆうた~~♪ハッピバースデイツ~ユ~~♪

ロウソク消す岸くんに
光ちゃん「18才か~~そっか~~ (しみじみ)
昨日までダブルスコアだったんだね?」
「(ケーキを)じゃあ後でいただきましょうね・・」

と、ふと。
ふぉーゆーから じわっと・・「♪すとろべりーた~~いむ♪」の声が(笑)

会場もすかさず!手拍子自然発生♪ 
はい恒例ストロベリータイム開始!!なぜかSHOCKカテコで始まる(笑)

「すとろべりーたいむ♪」の合いの手に合わせて 
どんどんイチゴをほおばる光ちゃん岸くんに大盛り上がりの会場!!

そしてマツが「判定!!!ただいまの勝負・・・51対52!!!」


光ちゃん「なんだか変な千秋楽だね・・・(笑)」

念願のストロベリータイムがかなって感無量の岸くんを
「よかったね」と光ちゃんふぉーゆー。
半泣き岸君に「ほ~~んとかわいいなもう・・」と光ちゃん♪

光ちゃん「さ!空気を変えまして」
太鼓初参加の日野さん挨拶
石川直さん挨拶
太鼓のシーンが増えてやりがいがあったと。大阪に一時住んでいたことがあったそうな直さん。

次はアンナちゃん挨拶で
光ちゃん「そしたらアンナから」

サントスアンナちゃん「千秋楽だから私もぶっちゃけトークしていいですか?
参加する前まではSHOCKという舞台は堂本光一さんが空を飛ぶ舞台だと思ってだんです」
光ちゃん「間違いない」(笑)

アンナちゃん「実際見る機会もなくて内容も知らなかったんですが こうやって参加させて させ・・させ?て」

光ちゃん「いいよ参加して。で(笑)」
アンナちゃん「参加させて・・・なってえ!(笑)
なんで今まで見てこなかったんだろう自分の人生を否定したくなるくらい~・・。
舞台に立ててるときは勿論幸せだけど楽しくて感動するけど
袖にいたりスタンバイするときにこんなに感動して幸せを感じる舞台は初めてだったので
それは神がかってる光一さん率いるカンパニーの皆さんと
SHOCKファンのみなさんもみんなで作り上げているものだと感じました。
ほんと終わるのが寂しい。明日もやりたいな。」

光ちゃん「ほんとそうだよな・・今開演したなって時計見て思う」
アンナちゃん「ほんと光一さんってびっくりするようなこと言うじゃないですか?3階席見えないとか~」
光ちゃん「見えへんもんは見えへん(笑)」
アンナちゃん「最初なんだこの人って思ったんですけど。ステージに立ってる姿とギャップみたいなのも神ががってるな、と。」
26年間一番の出来事宝物だとアンナちゃん♪

次ウチ君!
「ぼく去年4ヶ月経験したからめっちゃはやい。去年一ヶ月博多でやって2、3、4と帝劇・・考えられへん!」
「ボクも大阪地元で大阪のお客さんのあったかさというのをすごく感じました 非常に気持ちよくやらせていただきました」

光ちゃん「あまり稽古時間がとれなかったし しかもぎっくり腰になるという」
ウチ君「たまんなかったですよ!!」
光ちゃん「いやこっちもたまらへんわ!!!」大阪弁丸出し光ちゃん~~!!!

ウチ君は普通にしゃべってって帰ろうとしたら ぴきっとなって・・
「光ちゃんまって!!!」となったそうな(笑)

それでも間に合わせてがんばったことや 
ヤラッチと比べてダンスは・・だけど気持ちでぶつかってくるウチ君に拍手を送って・・・。

光ちゃん「すいませんおまたせしました」とオーナー挨拶!

美波里さん「12月30日に光一さんと初めてお会いして1月稽古が始まって
2月3月・・そして飛んで9月
この2013年は芸能生活50周年の私にとって忘れられない年になりなした。
光一さんに対してはステージにかける熱い情熱、なんか台詞みたい(笑)」

光ちゃん「そんなセリフありましたよね(笑)

美波里さん「6ヶ月ステージ上だけでなく上手下手楽屋で拝見してきましたが 
ほんとにすばらしい座長です!
心配りがありますし 作品を13年間やってきただけあり作品が素晴らしい。
たくさんの人を成長させていると思います。私も若返りましたし。
私の娘サントスアンナちゃんも素晴らしい役作りをして成長したと思います。
それからこの場をかりまして皆さんにお礼を・・・」

と一歩前に出てステージ上を振り返り膝まづいて両手を広げて
「一緒させていただいた皆さんダンサーのみなさんUSAのみなさん そしてふぉーゆー。
そして山本君、かわいいかわいい岸くん、愛する光一さん!ほんとに・・!
ウチ君忘れてた(笑)ありがとうございました!!」

拍手拍手の客席・・・。
美波里さんの包容力は まるでマリア様みたいだよ・・。

「エンドレスショックですから この作品はずっと続きます!!」
拍手拍手・・・。



光ちゃん「改めて本当にたくさんのスタッフに拍手を・・・」

拍手拍手。

光ちゃん「スタッフもSHOCKを愛してくれていて。音響の人なんか ちょっと音上げるトコでもね
もうね正座して・・ぐいん!!(大げさにスイッチとかレバーチェンジする様子を真似る光ちゃん(笑))
がんばっちゃうのよ 愛してるのよ・・」

「ダンサーの皆さんGロケッツのみなさんジャックのみなさんUSAお世話になってます
そして忘れちゃいけないのが 今回を持って1000回一緒にやってきた赤坂マリが最後になります。
なので
赤マリ真ん中きて!!」

そーーっと控えめに真ん中に立つ赤マリさん。
クス球登場
「これ結構怖い 俺も1000回のときやった」

赤マリさんがクス球の紐 引く!

すんごい量の赤い紙ふぶきがどさ==!!と落ちてくる。

「SHOCKの母赤坂マリ1078回お疲れ様でした」の内容の垂れ幕。
拍手拍手の中
赤マリさんの髪の毛についた紙ふぶき一片を さりげなく取って上げる光ちゃん!!!

光ちゃん「じゃあしゃべって?」と赤マリさんにふるものの
「キスキス」の小さな声がふぉーゆーから・・。

光ちゃん「なんでやねん!」

赤マリさん「・・はじめまして」

光ちゃん「千回やん!!(笑)」

光ちゃん「ま しゃべんのははじめてか」


初々しく赤マリさん続ける
「今年はファンの方から声をかけていただいたりメッセージもいただいて感謝しています。

今後の皆さんの活躍をね願ってます。お世話になりました。」
と 控えめに落ち着いた声で挨拶。

1000回の時 新聞に赤マリさんが記事になった時に
お父さんがまだ一度も観に来てくれていないことが書いてあって
その話を光ちゃんがすると

赤マリさん「父は初めて観に来てくれました」

会場もステージも拍手!
光ちゃん「このひとすごいから!」
「今後も裏方として関わっていただきますので・・・今後も支えてください!」


そして赤マリさんが「はんちゃん・・」とダンサーさんを呼んで
「実ははんちゃんも卒業します」
光ちゃん「え そうなの??はんちゃ~~ん!」

光ちゃん「もうみんな年齢的にきついのか!!」

初演も出てて 千回超えてるGロケッツのはんちゃんも挨拶。

そして光ちゃん今世紀最大の!!男前発言!!

「赤マリを 最後に回したい」

ひゅ~~~ーーーひゅーーーーひゅーーーーー!!!!

何がなんだか大盛り上がりの会場!!!

赤マリさんに耳打ちっぽく 「え?下はいてない??大丈夫か??よしいくよ せ~~の」と小声で段取りとって

赤マリさんの手を取り 
あっという間に
舞う舞う廻す!! 
ステージ上の紙ふぶきが 光ちゃんと赤マりさんのターンの軌跡にあわせて
空中を舞い上がる!


うつくしいい~~~!!!!美しすぎる!!!


赤マリをまわしたいー1



③に続く

| SHOCK行ったよ | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013SHOCK梅芸千秋楽カーテンコール今更ながらだけどレポ①

夢のような一ヶ月が過ぎ 一週間・・。
今やツイッターという便利なものがあるので
わたしのメモ書きレポも時間かかりすぎてなんでやねん!やめとこかな。
って思ったのですが
書かなきゃわたしのSHOCKが終わらないような気がして。

でもって書き出してみます!
間違ってるとこも多々あると思うし 今や誰がしゃべったのかわかんないのもあって(とくにふぉーゆー)
ニュアンスで受け止めてね!!

いきまーーーーーす!!
カーテンコールレポ!

光ちゃん「すべてを出す尽くした感じで あまりしゃべることもないのですが。
1時間ほどつきあっていただければ」
としゃべりだした座長の横で
確か福ちゃんとタツミくんが(1時間!?)みたいに 顔を見あわせて指折り数えてた。
客席拍手!

「みんなそんな元気ない(笑)思えば2月3月から帝劇から始まって大きく演出を変えていこうと・・」
と静かにお行儀よい光ちゃん。

「二幕のトラビスの振り付けになると自然とお芝居ができる」
「今回のアンサンブルは半分が新規のメンバーだったが その感じがしないのは 
厳しい稽古の中で共有した苦しさがこのカンパニーをひとつにしてくれた」
「ま 若干一名は参加してないんですが・・(笑)」
と、徐々にぶっちゃけていく光ちゃん(笑)

そしてなぜか自分のこと言われてるのにウチ君が 
隣の和太鼓の石川さんを つんつん指差す。
光ちゃん「ちがうよ!!ちがうちがう!!」
会場爆笑
光ちゃん「あのシーンは太鼓の演出を全部なおきさんが演出してくれたの!!!」

ウチ君「ああ・・(真顔)」
光一「ぼくがイメージしたのトラビスもなおきさんもを10倍返しくらいでこう・・」

流行の10倍返しワードがまさかの光ちゃんから出て沸く会場♪
「はんざわなおきです」「ってことにしとこう」

「最後のユニゾン・・死にますよ!」(笑)

「今回の大阪・・一ヶ月だけだったんですが 気持ちと体が矛盾してます
気持ちはやりたい体は休ませろ。この矛盾なんですが ボクとしてはちょっと足りなかったかな!」

会場とともに沸く出演者 
福ちゃんが 一歩前に出て ひゅひゅー言い出す(笑)

光ちゃんもひゅ~~!

光ちゃん「考えられへんって顔してますけど・・・」
ウチ君「考えられへん!!!」

光ちゃん「まーまー ウチはそれくらい全力でぶつかってきてくれたんだね。
今いませんけどヤラもねカンパニーの一員です。今舞台稽古中かな?彼も僕らがしてる一斉メールで
『千秋楽おめでとうございます』ってね。」
拍手拍手
「わたしがしゃべりだすとこのまま1時間あっという間・・」

福ちゃん筆頭にふぉーゆー 「ひゅーひゅ~~♪♪」一歩前に出て相の手入れる♪
光ちゃん「なんなんだ(笑)」

一人ずつコメントをすることになり
「じゃあふぉーゆーも後輩が出来たことだし、ここはお手本を見せてびしっと!」

「じゃあトップバッターいきますね!!」と爽やかにこっしーから♪

こっしー「1078公演 お疲れ様でした!ボク実家大阪なんですけど ボクおばあちゃん・・ばあばと呼んでるんですけど、ばあばが観に来てて・・」
(ばあばと呼ぶのは金持ちだと多分福ちゃん?が茶々入れる)

光ちゃん「おまえらちょっとうるさい!もうちょっと大切な感じにしてよ」

続けるこっしー「ばあばが観に来てて・・光一君がハードなので もしかして光一君がいっぱいいるんじゃないのっていうんで『4,5人しかいないよ』って」
光ちゃん「徐々に増えつつあるんだけどね」
こっしー「だからおばあちゃん 近所に広めつつあります」
爽やかに終わる(笑)

次はタツミくん
「僕たちふぉーゆーにとって 親近感のあるお笑いの街大阪ということで 
一ヶ月間梅田芸術劇場でやらせていただきありがとうございます。
僕は去年までライバル役についてる役だったので 
今年から光一君側につかせていただき色々プレッシャーもあったんですけど 
一生懸命やらさせていただきました!
ということで ジャニーズの面々がやってる役を一歩ずつステップアップしてるので
次あたりはここかな~~??」
と ウチ君立ち位置を指す(笑)

ひゅーひゅ~~沸く会場!
光ちゃんも笑って自分の立ち位置をさすので
タツミ「ごろごろごろ!!ってしていいですか??(笑)」(両手ぐるぐる)
タツミ「僕はカンパニーの皆さんの笑顔がだいすきなので 
もっともっと笑顔に出来る人間になって行きたいと思います!ありがとうございました!」

光一「最後にマツは止めよう」
マツ「なんでですかーー!!??」

続けようとする松崎くんにかぶせるように絶妙のタイミングで
福ちゃん「みなさんこんばんはーーーー!!!」(超元気)

福ちゃん「みなさーーーん!!こんばんは====!!!!」
客席「こんばんはーーー!!」(のせられる客席(笑))

光ちゃん「そーゆー場じゃないから!(笑)」

福ちゃん「ぼくがしゃべりたいことは 光一君とこっしーとタツミがしゃべってくれたんで
何もしゃべることはありません!!」

光ちゃん「・・・なんかあるだろ(笑)」

福ちゃん「湿っぽくなっちゃうからちょっと・・せっかくだから話そう。
去年おじいちゃんを亡くしまして。この作品は人の死っていうのが描かれてる作品じゃないですか。
おじいちゃんの死と光一君の死が重なって・・・自分の中で気持ちの変化があったんですけど。
おじいちゃんが亡くなったのが夜中で 病院からおばあちゃんに電話があって 来て下さいって。
そしたらあばちゃんが『今日は腰がいてーから行きません!!』」

・・・・・・
(会場中微妙な空気感) たしかマツ→「ちょっと待ってくれよ!うるっときたんだよ?おれ!」
サントスちゃん淡々と→「ちょっとね」

光ちゃん「それでこそ福ちゃんだ(笑)こういう風に言ってるけど役者としてまた新たな感情が生まれたりね」

福ちゃん「もちろんそうです!!」

光ちゃん「ってことでね」と閉めようとするが

マツ「いえ~~い えいえい~~♪」割り込む

マツ「しっつれーしまっす!!ふぉーゆーのまつざきゆーすけですっ!!」

「9月2日から始まったこの・・」とかいいつつ
不思議な相の手がんがん入りだし・・
光ちゃん「ちがうから!!そーゆーのいらないから!!」

マツ「これっ、コレだけは!!すみません!!
え~~・・本日千秋楽を迎えましたが未だにわたしは初日が開いておりません!まつざきゆーすけでした!!」

・・ええええ~~・・な会場?
解説マツ。もっとやりたい気持ちだと。(笑)

光ちゃん「わかるわかる。俺もものすごい後半体調よかったから。
でもさっきの福ちゃんの話じゃないけど ちょっと悲しいことあったんだよね??言っちゃったら泣いちゃうからやめとこ」

マツ「・・・おめでとーーー!!!」叫ぶ。

ふぉーゆー面々「すいません」「すいませんでした==!!!」



光ちゃん「いろんなことあった大阪。マツの涙にウチも涙したり」
ウチ君「すっぐ貰うんです」

光ちゃん「さ!!!いまのは全然見習うとこはなかったけど お前さっさとやって?」
とヤマモトくんに振る

やまりょ「お疲れ様でした~~!!やまもとりょーたでーーす!!
光一君も1000回がんばるって言ったんですけど(?)僕も一緒でがんばって・・あの~~」

周りざわざわ突っ込み(笑)お前140回だと・・。

やまりょ「まだ140回しかやってないんだけど~~」
光ちゃん「(笑)140回の実感もないと?」


やまりょ「はいまだまだだな~~僕自身も光一君とともに1000回!頑張っていきたい~~」

周りから大々的につっこみ!
「光一くんも進むから!追いつけねーーから!!!」


やまりょ「じゃ二人三脚でがんばっていきたいです!!」

大爆笑の渦。

やまりょ「もうひとついいたいことが。ぼくジャパネスクで切られてマットにずーんて落ちて
マットの後ろに隠れていなきゃいけなくて。」
(ネタばれをするな、いや、ばればれじゃん!な 突っ込みがふぉーゆーからはいりつつ)
「ボクとこっしーは階段落ちを見れてないので・・。機会があれば是非光一君にナマでみせてもらいたいな、と」

光ちゃん「・・・お前 ホントばかだなあ??!」(しみじみ笑)

そして岸くん
「岸優太です!!一月から稽古させていただいて正直最初怖かったんですけど
一日ずつ稽古するたびにみんなとの親近感が沸いていて・・・で・・ね?」

言いよどむが ふぉーゆーから「か~わ~い~い~~♪」

「カンパニーの皆さんがお世話になっていただいて~~」

(可愛さに笑い)

「光一くん ウチ君ふぉーゆーの辰巳くん越岡くん福田くんとか・・」

マツ「おおおおお~~!」(俺は~~!?と前に出る)

岸くん「マツも♪」

(できるコ岸くん(笑))

「持ってかえって僕の周りの子に教えたい」と岸くん。

光ちゃん「岸はムードメーカーで 何をやってもかわいい。地方の公演で部屋に行くと
『はよ寝ろ もう帰るからな』って言うと『なあんで帰るんですかあーー=!!??』って泣きながら訴えてくるホントかわいい 最年少でよくここまでついてきたね」

「そしてそんな岸君は今日が誕生日おめでと~~~!!!!」





②へと続く。

| SHOCK行ったよ | 10:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。