アプリをインストール

どっこい!!キンキはーと

光ちゃん 大好き!剛くん かわいい!! 仲良しな 二人が 大好きです! パス記事は ヒントを読んで ブログ主旨をご理解のうえ お入りください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おしよせるKinKiへの想い


自分ごとが忙しかったら どうしてもブログもかけなかったり

キンキから遠ざかってしまう日常もあったりするのですが


今日は 思い立って

旦那と一緒に 天川村に行って ごろごろ水をたらふく汲んできました!!

じゃーじゃーと惜しみなく出てくるこの水を

まるで戯れるように水しぶきをあげつつ汲みまくって 口にふくんで


その口当たりのまろっこさに感動する。

味って あるわけでないんだけど なんだろね~~

幻の甘さ??ってかんじ???



そのまま 夕闇の大神神社で 奈良の秋の空気をいっぱい吸って

リフレッシュして大阪に帰ってきたよ




そして家族で夕餉をかこみ

一仕事終えて

ありがたく 東京のFMラジオを聴かせていただいて

今 聞き入ってます




なんやろ~~この2人

2人いてるだけで 流れるこの感じ。


松本隆さんからのメッセージに 自分の思いも重なった




「きみ達は 永遠に硝子の少年

壊れやすくて凛としていて

きらきらしていて 風のように透明

その生き方を いつまでも つらぬいてほしい」




そして拓郎さんの「危険な関係」 

リアルな2人を 近くでみていらした方が 2人のために書いたこの危うい感じ

もう性別とか関係なく 「きみとぼく」


もうね~~ 


キンキがかもしだす この 「きみとぼくのストーリー」に

これからも 私は釘付けなんだわ






(以下 拓郎さん部分のレポ
細かいとこは聞き取れてないのでニュアンスだけど)






「KinKi Kidsとは ある番組で数年の時を一緒にした

僕は遠からず近からず二人を観察するようになった

十代だった彼らが成長していく様子を僕だけの距離感で見ていた

あの頃の二人が 今どんな大人になったのか

それについて彼らと話したことはない

だから現在のKinKi Kidsの心の中は覗くことができない

ただ僕の中で彼らはあの頃と何も変わらず生きている

そう あの時僕は感じていたのだ

KinKi Kidsには ずっと危ない空気が流れているよな

あの危なさが 僕には魅力でもあった

その思いは 今も変わらない 」

光一 「えーというようなコメントをいただいております

えー何か危ない空気が・・ 」

剛「 流れていると」

光一「ね あははは ・・」

剛「ま それもKinKi Kidsの まあ…あれじゃないですかね
楽しみ方のひとつという 僕は客観的な目を持ってますけれどもね 」

光一「うんなんかー 確かにそのあの頃っていうのは 本当にあの番組をね
やってたのもあって こう年上の方ばかりと僕ら関わりあってやってたじゃないですか」

剛「うん 」

光一「でも 僕らも若かったので まー今思うとその大人の方々に対してね
失礼な部分もあったんじゃないかなと 思いますよ
だけどそこを拓郎さんが
あの筆頭となって こう僕らに目線を合わせてくれていた」

剛「もーね もちろんオンエアではね皆さんにわからないところですけれどもね
バックステージの方では
拓郎さんが 相当プロデューサーであったりとかねスタッフであったりとか
これはこうじゃないと よくないとおもうとか 」

光一「 こーしたほうがあーしたほうがいい とか 」

剛「すっごく言ってくださっていたので 我々もね あの僕たちらしい時間といいますか 」

光一「そうね」

剛「過ごせてたな とすごく思いますよね

あの時よく打ち合わせでね 拓郎さんね 僕らのために色々やって下さってましたもんね」

光一「なんか本当に 吉田拓郎という 大きな船の上に僕ら乗っていた」

剛「乗ってましたねー」

光一「だけど若かったから どこまで僕らがちゃんと考えられていたのかっていうのはね
当時の自分達を思い起こしてもちょっとわかんないですけど
でも 本当今思えば
拓郎さんに会ってなかったら 自分らで曲作ってたこともなかったでしょう」

剛「まあ ゼロだったんじゃないでしょうかね」

光一「まーそういった部分を本当に勉強させていただいたというところもあります

今のKinKi Kidsがあるのは 拓郎さんのおかげと言っても 過言ではないぐらいね」

剛「 ほんとそう 」

光一「かなっと 思っております」

剛 「ありがとうございます」








1103-2_convert_20111103225623.jpg




そして次は
は~~・・・秋元さんコメント 

昔KinKiKidsと一緒のマンションに住んでたころ

エレベーターで会って



挨拶した後

光ちゃんはうつむき

剛くんは 天井をみる。。。。はにかむ。







~~・・・・・何??

このコメント構成



その後流れた曲 「破滅的Passion」
ひゃっほ



♪やめられないとまらない!!

きんききっず

(かっぱえびせんで よろしく)




スポンサーサイト

| KinKi Kids | 00:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nyan333.blog119.fc2.com/tb.php/1163-636a2ba6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。