アプリをインストール

どっこい!!キンキはーと

光ちゃん 大好き!剛くん かわいい!! 仲良しな 二人が 大好きです! パス記事は ヒントを読んで ブログ主旨をご理解のうえ お入りください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

またまた過去雑誌に浸る・・・。

雑誌整理したら

やっぱ 読んでしまう・・・。


過去雑誌に萌える
ゴールデンウイークでちゅ

ポポロ 1994年 11月号…

なんと 白黒の扱い のKinKi Kids!





まず光ちゃんページ

100504_2253+01_convert_20100505001216.jpg

100504_2355+01_convert_20100505001307.jpg


光一&剛クン
ふたり並んだカットを撮影していたときに
ギャグっぽいポーズをカメラマンがオーダーすると
「えぇ 僕 そういうン 苦手やわぁ」

「何?そんなん 関西人失格やわ」

すかさず剛クンから突っ込みが。

「光一はね 自分を捨てることができないんですよ」
とかなんとか、
引き続き突っ込まれながら、
少し照れつてユーモラスなポーズをとってくれました。

「やればできるやん」

剛クンから握手を求められて ひとこと、

「関西人やもん!」………だって。

ドラマ「人間・失格」が無事終了。

連続ドラマ初体験の感想は?

「勉強の毎日でした。大変でしたね やっぱ。
撮影がある日は朝早いんですけど それも僕 苦手やし」

ドラマの中では 相棒の剛クンと衝撃のキスシーンも。
いったいどんな味がしたのか 興味シンシン!

「こう、甘くて、何ともいえないまったりとした
(ここで「ホンマかぁ?」と剛クンから突っ込みあり)

………(笑)いえ 何もなかったです 味は。
とりあえず 剛は寒そうでしたが。」

(中略)

好きな食べ物は 「水分の 多い果物」

嫌いなのは「レバーとナス」

好きな色は 「黒 白 赤」

好きなタイプの女の子は 「素直で明るい子かな」

あくまで静かに淡々と質問に答える光一クン。

でも 剛クンから横ヤリが 入ると

目もとがほころんで チャーミングな表情に。


光一クンによる
光一クンの
採点グラフ

「普通って 50ですよね?」と確認してから
おもむろに自己採点を始めた光一クン。

「知力…20くらいですね。
体力…60かなあ。ルックス………50」

と やや辛めというか
謙虚な採点が淡々とした調子で続いたあと、

いきなり「H度は120」

え?そこだけいきなり高くしちゃっていいんですか?
と突っ込もうとしたのですが

静かでキッパリした光一クンの態度に
なんとなく言葉を飲み込んだのでした。

十年後は 「少年隊みたいになってたら自分としたらうれしいですね」

かんばってください。



剛クン
100504_2254+01_convert_20100505001246.jpg

100504_2354+01_convert_20100505001328.jpg


取材をしている間じゅう、
大きな目でじぃっとこちらを見ていた剛クン。

一生懸命に話してくれる…そんな感じが伝わってきて
ちょっとジーンとしちゃいました。

さて、真っ先に尋ねたのは
やっぱり光一クンとのキスの味!

「そうですね、透き通るような感じでした
(すかさず「どんなんや」と光一クンの突っ込みが入る)

男同士やったけど 相手が光一やから
目茶苦茶イヤでもなかった。


いつも一緒にいて友達感覚やし。
知らない人より知ってる人のほうが緊張なんかもなくて。

けど やっぱり オレらヘンやなあ(笑)、いうのはあったけど」

(中略)

ところで剛クンはよく詩を書きます。

きっかけは チャゲ&飛鳥の 「始まりはいつも雨」の詩を読んで

「すっごくかっこいいなぁ」と思ったこと。

「自分をいろいろな人間に置き換えるんですよ。
自分がもし こういう恋をしていたらと」

(中略)

ここで ひとりずつのカットの撮影を終えた
光一クンがやって来ました。

おそろいのところで

ふたりでやってよかったことは何?と尋ねてみました。

 「友達がひとりできた (横で聞いていた光一クンが 「ハハッ」と照れ笑い)

ウン。堂本光一っていう友達が」


「そうですかね。かな?」
と 光一クンが合いの手を。


最後に相棒の光一クンから剛クンにアドバイスをもらいました。

「洗濯物は自分で洗ったほうがいいよ」
「だってメンドくさいネンも~ん!」

剛クンによる
剛クンの
採点グラフ

「知力…10くらい。
体力…も そんなにないから50くらい。

ルックス…難しいですね、60くらい。

将来性…う~ん、勉強しなきゃならないことがたくさんあるから
…でも70くらいかな(とっても謙虚ですね)

ギャグセンスは100ですね!!(自信たっぷりでした)

H度は普通だから60くらいかなぁ」

ここで 「H度は60?男はみんな100だよ!」
と本誌カメラマンの茶々が入りました。

すると剛クン、「じゃ100で」。あれれ?随分素直に聞き入れちゃったけど……?

ま 、いっか。ちゃんちゃん。




以上!!
抜粋ですが

なんか ほんわか 萌えるやろ~~~?????


昔から 16年前から

二人なんだよね






スポンサーサイト

| KinKi Kids | 00:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nyan333.blog119.fc2.com/tb.php/355-d5d89693

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。