アプリをインストール

どっこい!!キンキはーと

光ちゃん 大好き!剛くん かわいい!! 仲良しな 二人が 大好きです! パス記事は ヒントを読んで ブログ主旨をご理解のうえ お入りください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KinKi Kids 君も堂本Family 大阪初日レポ�

ツアータイトルについて
話す

後ろのモニターに映る ツアータイトルを 振り返りつつ
「君も堂本ファミリー」

光一「関西人にしたら
ちがうがなみたいな」

剛「おれ田中やし」

剛「生き神様が
イロイロ考え

『じゃどーもとファミリーでいいじゃない』」と」
(じゃにさんの 物まね)


光一「若干田中ファミリーもいてるけど」

剛「じゃ オレは田中ですけど

客席に呼びかける

光一「田中の人~

剛「鈴木さーん」

光一「佐藤~

剛「じゃ 堂本の人~


パラパラと 「はーい」と客席

光一「全員やろ


剛「スーパーMCが すねたよ~(笑)」


光一「(笑)(バックモニターのタイトルを指差し) みんなで これになりましょう
客席拍手

光一「ネットとかで
登録するときも
堂本…
一回間違えたら
けすけすけすけす…」

と キーを叩く仕草をする光ちゃんに

剛「(笑)(笑) けすけすけす


客席も ざわざわと爆笑

剛「関西人は そんなとこに きますね(笑)
んふんふ笑う剛くん

剛「通天閣行ったら 30円の 自動販売機 出てくるねんで」

「自販機と壁の間に
おっさん挟まってるねんで


ニコニコと笑うこーちゃん

光一「最近 芸能界でも 現れる ちっさいおっさんみたいな

剛「緑のジャージは着てないねんけど。

ちょっと行くと おっさん五人くらいが

こんなんして 座ってる」
(しゃがみ込み 放心の目で 空をみつめる おっさんの 真似する 剛くん)

剛「大阪は 外国やからね

政権 執ったら 怖いよ
『知らんがな』ですべてが切り抜けてくからね」

光一「ペリー来航(笑)黒い船くるね」


剛 「白い船で 来てほしい


剛「東京では こんな話して バクステ戻ったら

レコード会社の人とかの反応が まー薄い薄い(笑)


ほっこり大阪話から
変わって
光一「デビュー前から 応援してくれてる人

客席「はあ~い

ここで KAT-TUN話になり

こーちゃんが 赤西くんの名前を出すので

剛「そこは ややこしいとこやから 出したらあかん
君が 入ればいい

こーちゃん フニャフニャと笑ってる

剛「ぎりぎりで いつも生きていたいんでしょ
僕はえーかんじで生きていたい


会場(笑)



光一「(にたにた笑)(剛くん見ながら) 今日 君 面白いねー(雪崩)」

剛「眠たいんです(笑) えーかんじに 緊張解けてる… このままで行きたい 」


光一「(笑) なんか 話が 横にそれてしまう」

剛「横にそれたガール

光一「(笑)(雪崩)」


光一「最近 KinKi Kidsを好きになった人

会場「はあ~い

剛「ラジオでもよくくるね スワンソングから 好きになったとか」


男性からの 声援も飛び

男性「こーいち~」別男性「はーい
と シンクロして


剛「こーいち~ はーいって 君あそこにいてるんか 分身の術か


光一「(笑)(剛見て) 今日 おもろいね~


剛「今日 バラエティーのカメラ
入ってて欲しかった」わ」


ツアー曲話

光一「今日は 合作曲すべてやってみようと…」

ニコニコ話す光ちゃんさらに

光一「今日は 何かが起こる感じがする」

剛「もうすでに起こってますから」

最初のMCを まとめようとするものの…

剛くんが 光ちゃんの話に
マイクオフで

「はい」と 返事してしまい

光一「マイク外したら 入らないよ(笑)」
「お前何年やってんねん(笑)」


光一 「ひとつになって 大切な時間を共有したいと思います 」

よろしくお願いします」


ぺこり な二人に ときめき
スポンサーサイト

| ファミコン レポ | 01:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nyan333.blog119.fc2.com/tb.php/840-3618edb7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。